買うまでの流れ

人生最大の買い物というべき住宅購入。
物件選びとともに、資金計画をどう組み立てるかなど、検討すべきことはたくさんあります。
こちらでは、家を買うまでの流れを順を追って説明します。

 

 

【STEP.1 資金計画】

現在の貯蓄額や身内からの資金援助など、頭金でいくら用意できるか確認しましょう。
また現在の年収からいくらまで借り入れできるかの確認とともに、毎月返済可能な金額を検討します。
それによって住宅購入にかけられる金額がある程度算出できます。
また住宅購入以外にも手数料や税金、引越し費用、家具・家電製品の購入費用など 様々な費用が発生しますので注意しましょう。

 【STEP.2 情報収集】

住宅情報誌やインターネット、新聞折込チラシなどで情報を集めるとともにモデルハウスなどで住みたい住宅についてイメージ作りを深めていきます。

 【STEP.3 物件の絞込み】

具体的な物件を見てまわり、周辺環境や価格、家族のライフスタイル、将来の計画なども踏まえて、最適な住まいを探していきます。

 【STEP.4 契約】

買いたい物件が決まったら契約交渉です。不動産業者より契約に関わる重要事項の説明を受け、契約内容に納得すれば、契約に入ります。
契約前に購入の意思を示す 申込証拠金が必要な場合があり、契約時には物件価格の1割程度の手付金が必要です。
(売買契約が成立したら、申込証拠金は手付金の一部に充当するのが一般的です。)
その後、住宅ローンの申込みと契約書への署名・捺印を行ないます。

 【STEP.5 引渡し】

諸費用の支払いが済み、融資手続きが完了して入金が確認されれば、住宅の引渡しとなります。これで晴れて、住宅のオーナーです。

 

もし、判らない点などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!